FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

64-ロクヨン- 前編



昭和64年に起こった少女誘拐殺人事件をテーマに、元刑事で広報官である主人公の奮闘を描いた作品です。

重厚な原作を忠実に再現しているという部分から設定がかなりよく練られており、広報官という普段あまり馴染みのない世界と時効間近の事件を追った本格的な刑事もののストーリーとして楽しむことができます。

前編では広報官としての奮闘が多く描かれており、事件の情報を記者に発表する広報官という仕事の苦悩や記者たちとの対立など息詰まる展開が多くあります。

記者たちからの突き上げに警察内部の官僚と部下との人間関係など、板挟みにされている主人公を見て中間管理職の悲哀のようなものも感じつつ、どちらの立場の気持ちも酌みながらギリギリの落としどころを探っていく攻防戦は見ごたえがありました。

そしてようやく記者たちを説き伏せたところに、県警の歴史に暗い影を落とす未解決事件「64」がちらつき始めます。

用意した身代金を持ったままさんざん犯人に誘導されたあげく、まんまと逃げられ誘拐された少女は殺害されるという最悪の結末をみることとなったこの事件が今になってどのように絡んでくるのかも見どころのひとつです。

広報官としてマスコミや記者たちとの信頼関係を築きつつ、警察の威厳を保つためあくまで情報公開のイニシアティブを握ること。

これが物語の中でとても重要な部分として描かれ、後編ではこの前編で描かれたストーリーが絶妙なスパイスとして利いてきます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。