スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シン・ゴジラ



今まで昔のゴジラを観たことがなかったのですが、これだけ観ても十分楽しめました。

観たことがなかったので、自分の中ではゴジラは味方で、別の悪い怪獣と戦って人類を守るイメージだったのですが、違ったことがまずびっくりでした。

ゴジラって悪い怪獣だったのですね。

かなり真面目な映画なので笑うようなシーンは全くないのですが、あまりにもゴジラが強すぎて、思わず笑ってしまいます。

最初はまだ弱かったのですが、だんだんと力をつけ、最終的にはビームを全身から出して飛行機やヘリコプターを撃ち落とします。

自衛隊はいつも雪像を作ったり、災害派遣のイメージがあったのですが、この映画の中では爆撃機からミサイルを打ったり、爆弾を落としたり、あまり見ることのできない一面を見たように思います。

長谷川博己さんは好きな俳優さんなのですが、この映画でもやはりかっこよかったです。

中でも印象的だったのは、無人の新幹線や山手線がゴジラに向かって走り、攻撃するところです。

それを見てからは電車や新幹線を見るたびに思い出してしまいます。

それくらい印象に残りました。

ドキュメンタリーとまでは行きませんが、詳しく状況の説明がされ、臨場感があって、絶対にありえないけれど本当にありえそうな感じでストーリーに引き込まれました。

出ている俳優陣が豪華なのも見どころの一つです。

長谷川博己さんをはじめ、斉藤工さんや石原さとみさん、大杉漣さん、高良健吾さんなど、数え切れません。

シン・ゴジラは、一言で言って、おもしろい映画でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。