FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美女と野獣



アニメ版があまりにも傑作だったため、実写版が作られると聞いたときは、どんな風になるのか少し心配でした。

でも、そんな杞憂は実際に観てみるとすっかり吹っ飛んでしまいました!

なんと言っても特筆すべきは、ヒロインのベルを演じたエマ・ワトソンのハマりっぷりでしょう。

彼女自身の持つ聡明なイメージをそのままに、可憐でありながらしっかりとした芯を持ったベルを見事に演じきっていて、うっとりしてしまいました。

アニメで使われていた名曲たちも、フレッシュに踏襲されていて、思わず一緒に歌いたくなるような楽しい場面がてんこ盛り。

ガストンファンとしては、悪役ながらもチャーミングな魅力に溢れ、どこか憎めないキャラクターを、ピッタリのキャスティングで採用してくれたことに感謝しきり。

野獣のルックスは、最初こそ作りものっぽい違和感はあったものの、徐々に慣れてきて可愛らしく見えてきて、ベルへのツンデレな態度を微笑ましく見守りました。

この映画オリジナルの楽曲も、作品の世界観を壊さず上品に盛り上げていて好感が持てました。

ミュージカルシーンを盛り上げるサブキャラ達も存在感たっぷりで、魔法が解けてまさかの豪華キャストが登場したときには、思わず「あっ!」と声が出てしまいました。

こんな贅沢な配役も、ディズニー映画ならではの魅力でしょうか。

エンドロールに至るまでもが非常に美しく、まるで絵本を見ているようで素晴らしかったですし、全てにおいてぬかりない完璧な実写版だったと思います!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。