スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナと雪の女王



『アナと雪の女王』は、2013年に公開されたディズニー映画で、『アナ雪』の名称や、主題歌「レット・イト・ゴー」がとても有名・話題になりました。日本語版の映画の作中で歌われている「ありの〜、ままの〜姿見せるのよ〜」という歌詞やメロディは、本編をまだごらんでない方も、何度か耳にしたことがあるかと思います。



『アナと雪の女王』のストーリーは、幼稚園くらいの小さな子どもから簡単なあらすじは理解でき、大人まで主人公姉妹に感情を移入しながら、ときに笑いも交えながらじっくり楽しむことができると思います。カップルで見ても良し、ファミリーで楽しむも良しの映画です。もちろん一人での鑑賞も、誰にも邪魔されずにゆっくり余韻まで楽しめるのでおすすめです。



この物語は、主人公、女王エルサ(姉)・王女アナ(妹)の、ポップながらもそれぞれの抱く悩みや苦しみといった心情にフォーカスを当てながらも、姉妹の愛や彼女たちを取り巻く人間模様などを描きながら、真実の愛とは何かを考えさせてくれる作品です。



生まれつき触ったものを凍らせたり、雪や氷を手から出す魔法の力を持っているエルサ。子どもの頃のある日、その力によって、一緒に遊んでいた最愛の妹アナを傷つけてしまい、それから長い間誰にも合わずに部屋に引きこもって生活をしてしまいます。一命を取り留めたものの、当時の(エルサの能力や怪我に関する)記憶を無くしているアナは、エルサが自分に距離を置いていることを残念に、そしてだんだんと疑念に思いはじめます。そんな二人が、エルサが成人をして王女になる戴冠式の日に久しぶりに顔を合わせるのですが…。姉妹の思いのすれ違い、アナが心を寄せる男性の登場やその行方、そして心を閉ざしたエルサはどうなっていくのか…。見所満載の映画です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。