スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきたヒトラー



鑑賞する前は、題材として不謹慎なのではと正直思っていましたが、全体的にユーモア溢れる描写とストーリー展開で非常に面白かったです。

歴史上の事実などからヒントを得たジョークなどを本編を通してとても上手く織り交ぜていて、シリアスで笑える場面がとても多かったです。

中にはなかなか踏み込んだジョークもいくつかありましたが、それも良いアクセントとなって機能していたように感じます。

そして、個人的にはヒトラーが現代に蘇った後で単純にテレビで人気者になってそのままハッピーエンドとするのではなくて、次第に事態が

急転していくストーリーとなっていたのが、大変リアリティがあって興味深かったです。

そうした展開にすることで、観客に「考えさせる余地」を与えていたと感じます。

また、ストーリーそのものの面白さに加えて、もう1点大きな魅力と言えるのがヒトラー役の俳優の優れた演技力です。

その見た目だけではなくて、演説の進め方や抑揚の付け方なども本家ヒトラーを深く研究してきたことが伺えるものとなっており、思わず

画面に引きつけられる演技となっております。

最初に少し触れましたが、「アドルフヒトラー」という一般的な考え方であれば歴史ドキュメンタリーの主役として選ぶことはあっても、

コメディー映画の主人公には到底選ばないような人物をここまで上手く作品に調和させられている点は本当に見事と言うしかありませんでした。

続編が出るようなことがあれば、是非また鑑賞したいと思っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。