スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして父になる



タイトルにあるとおり福山雅治演じるお父さんが父になるという話。

母親は子供を産んだときから母親だが父親は段々父親になるものだと、よく聞くのだがそんな話。

こうやって書いてしまうとなんか元も子もない感じなんだけど落ち着いた演出で特に福山雅治と尾野真千子が微妙な機微を演じていてとても良かった。


監督の是枝裕和は「誰も知らない」で見ていたので演出に関しても予見できていて外れはなかった。

夫婦二人の心情を的確に把握してそれを役者に求めていて的確にフィルムに落とし込むことに成功していた。

リリーフランキーの演じた父親は、はじめは奥さんの言いなりになって慰謝料のことばかり気にする屑にしか見えなかったのだけど映画が進むにつれて子供たちととてもよく向き合っているいい人になっていて、人物の造形がとても深く優しい。

これは監督と脚本の功績だろう。

後半に福山雅治が自分の父親や家庭のことを話をしたり尾野真千子の心情、とくに家の中でテントを張ったときにベランダで泣いたシーンは、よくこの本を書けたものだと感心した。

福山雅治の両親や、福山雅治が車の中で母親に電話するシーンなんかもとてもすばらしかった。

両夫婦の奥さん同士の結束とかもよくかけていた。繰り返すけど脚本と演出がすばらしい。


福山雅治は月9にでるような無難ないい男しか演じないのかと思っていたのだけど、よくこのようなダメというか頭の固い父親を演じるようになったものだと感心した。

彼を見直すことにする。デジカメをみてぐっと来る様子を淡々とカメラはとらえているのだけどあれは良い演技だったと思う。

尾野真千子も時々すごく絶望的な表情をして、それをあからさまには演出しないのだけどよく演じていたと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。