スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクの妻と結婚してください



人気ドラマや映画を数多く手掛ける三宅喜重監督の作品ですが、最初から最後まで涙なしでは観ることができないくらい、感動的な映画でした。

劇場で観ましたが、あちこちから鼻をすする音が聞こえてくるくらい、涙の連鎖が続いてしまいます。

織田裕二さん演じる余命僅かの夫が、妻と子供のために、残された人生を二人の未来を繋ぐために生きようとする姿には愛が溢れていて、心が震えました。

生きている時は仕事に夢中になっていて、家族を蔑ろにしがちだった夫が、病気をきっかけに家族を見つめ直すシーンは、同じような状況の人にはぜひ観てもらいたいくらい、高い影響力があると感じました。

織田裕二さん、原田泰造さんと個性的なキャストが揃っていましたが、皆演技力が高いために、俳優さんそのものの雰囲気はいい意味で消されていて、映画に馴染んでいる印象でした。

観終わった後は、思わず大切な人に会いたくなるような、家族愛を感じる映画だと感じました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。