スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきたヒトラー



鑑賞する前は、題材として不謹慎なのではと正直思っていましたが、全体的にユーモア溢れる描写とストーリー展開で非常に面白かったです。

歴史上の事実などからヒントを得たジョークなどを本編を通してとても上手く織り交ぜていて、シリアスで笑える場面がとても多かったです。

中にはなかなか踏み込んだジョークもいくつかありましたが、それも良いアクセントとなって機能していたように感じます。

そして、個人的にはヒトラーが現代に蘇った後で単純にテレビで人気者になってそのままハッピーエンドとするのではなくて、次第に事態が

急転していくストーリーとなっていたのが、大変リアリティがあって興味深かったです。

そうした展開にすることで、観客に「考えさせる余地」を与えていたと感じます。

また、ストーリーそのものの面白さに加えて、もう1点大きな魅力と言えるのがヒトラー役の俳優の優れた演技力です。

その見た目だけではなくて、演説の進め方や抑揚の付け方なども本家ヒトラーを深く研究してきたことが伺えるものとなっており、思わず

画面に引きつけられる演技となっております。

最初に少し触れましたが、「アドルフヒトラー」という一般的な考え方であれば歴史ドキュメンタリーの主役として選ぶことはあっても、

コメディー映画の主人公には到底選ばないような人物をここまで上手く作品に調和させられている点は本当に見事と言うしかありませんでした。

続編が出るようなことがあれば、是非また鑑賞したいと思っています。
スポンサーサイト

デッドプール



最初から最後まで非常にスピード感のあるストーリー展開で、退屈せずに見ることが出来ました。

特に「ジョーク」と「アクション」の2点に関しては、この上なく力を入れていた印象を受けました。

新鮮だったのは、こうした勧善懲悪のヒーロー作品の主人公というのは圧倒的善人側の人物が多いのですが、本作品では意外にもそうしたお約束を大きく破り、素行面など明らかにグレーゾーンの人物を主人公として描いていた点です。

その他具体的に良かった点としてはやはり最初に触れたようにシリアスなジョークの数々です。

誰が見ても笑えるような表面的なジョークももちろん含まれているのですが、ある程度の前提知識を必要とするような大人のジョークが多く、とても楽しめました。

こうしたジョークを多く盛り込むとどうしても軽い感じになったり、そもそも笑えないことが多いのですが、本作品に関しては語弊を恐れずに言えば作品のコンセプトそのものが規格外なので、無理なく調和していたように感じます。

そしてもう一点がCGをフルに活用して描かれているド迫力のアクションの数々です。

超人的なパワーやスピード、格闘技術はもちろん、超能力的な要素も登場して見ていて全く飽きません。

特に序盤のカーチェイスからの拳銃を使った戦闘シーンが個人的にはとても面白かったです。

時折人によってはグロテスクに感じるシーンもありますが、圧倒的なスピード感溢れる展開によって気にならない程度に抑えられているので、アクション好きな人は一度見てみることをおすすめします。

ラ・ラ・ランド



なんといっても華やかで元気出るし、主役の方の表情豊かさがたまらなく元気出ると思いました。

夏のパーティーで、彼がいた時に曲リクエストして踊ってる場面とか秋あたりにライブハウスで弾いた時に踊ってた時とか見てる方までニヤニヤわくわくする表情や踊りをするから元気出ました。

あとスウェット姿から友達4人でパーティーに繰り出す場面も好きで女友達って大切何だろうなっと感じました。

青いドレスがよく似合っていました。

なんかワクワクしたと思います。

安定の黄色いドレスも最高だったし、タップダンスって音を出すように踊ると思ってたのが、見ていてカッコいいと思いました。

靴履き替えた時は、あれって思ったけどそういうことかって納得してえ笑いました。

人生、タイミングって大事なんだなって思ったのと夢や目標をつくりたいなあってすごく思った映画でした。

最後の終わり方、パリに一緒に行く人生バージョンで終わると予想してたから、そっちだったのねって思った。

セブズを立ち去る時の彼女の表情とアイコンタクトがなんかいいと思いました。

お互い愛してるけど、お互いの夢を追い求めて、それぞれの道に進んで、最後のふたりの笑顔は、嬉しいけど全然切なくて悲しくて夢を叶えたけど君はもう自分のものじゃなくて夢を諦めないで追い求めて良かったと思うけど、でも、一緒に夢を追い求めて、喜んでくれるあの人が離れてしまっても、自分のところにいて欲しかったって思いました。

オデッセイ



本作を鑑賞して思ったのは、ユーモアは最高にクールなサバイバルスキルなのだなという事です。

ユーモアを生み出すのにお金もかかりませんし、大抵の場合物質的に何かが必要という訳でもありません。


舞台は火星。

有人探査を行っていた6名のクルー達は突然の嵐に襲われて、ミッションを中止せざるを得ない状況に追いやられました。

しかし主人公であるマーク・ワトニーは、通信アンテナの破片が飛んで来た事で気絶し、遠くへ吹き飛ばされ皆からはぐれてしまったのです。

この状況下ではおそらくマークの命はないだろうと考えたルイス船長は、他のクルーの事を考慮すべく仕方なしに火星から引き上げました。


しかし幸いにもマークは生きていたのです。

取り残されたマークはまず自分に刺さったアンテナを抜きます。

そして仲間のクルーが火星を立ち、自分は手違いで置き去りになってしまった事を理解します。

一体どんな気分なのかと思います。

NASAの探索が次に火星に着くまでにかかる日数は約4年。

しかし残された食料はわずか6か月分という絶望的な状況です。


火星にたった一人で取り残される事の恐怖や寂しさはどれだけの物だろうかと考えますが、実際に生き残る事を考えると、おそらく泣いたり落ち込んだりしている暇は1秒だってないのだなと思いました。

彼は自分の得意分野を生かし、ジャガイモを育てる事に成功します。

こんな時、まずは上手にやれる事から始めるのも大切だなと受け止めました。


またこの作品は絶望的な状況下にあるにもかかわらず、70年代の軽快なディスコミュージックが流れていて悲壮感を和らげているのも良いと思いました。

理由はたまたま船長の趣味であったCDが火星に残されていたから。

それしかなかったからそれを聞く、というのも何となくリアリティがあって良いです。


この作品を鑑賞後は以前よりも少しだけ強くなれた気がします。

辛い状況下でも『オデッセイ』のマークの前向きな態度を思い出す様になりました。

本作はフィクションですが、エンターテイメントとして素晴らしいと思います。

ロブスター



本編は、いつの時代、誰がそうしているのかって、そういった一切の説明が、無いのですけど。

女性のナレーションが差し込まれて、進みます。

「画作り」は、しっかりしているので、冗長になる事はなかったですが。


見方によっては、「未来世紀ブラジル」とか、全体主義的な、暗い未来観を描いた作品でもありますが、あくまでも、古風なホテルと、山間とか自然を背景にして、SFっぽくもない。

男女一緒にならないと(コリンが、入所の際、同性愛は、運営がややこしくなるので、認めなくなったと説明を受ける)、社会で暮らせないのですが、なんとなく、どこかの団体の「集団結婚」も想起させたりする。


とにかく、見終わったら、いろんな、場面について、答え合わせをしたくなります。

冒頭に、女の人が独り車を飛ばして、荒野に佇むロバを銃殺する場面とか。


ただ、言えるのは、コリン・ファースの施設から、自由人たちと野外で行動を共にするまでを通してみると、世の中の人との係わり合いで、いかに、不誠実で、裏切ったりするものかって事が、見て取れます。

狩りに行くバスの中で、犬を口実に、しかも、ウレシイお誘いまでしてくれる女性がいても、突き放すし。

ライリーさんには、口から出まかせだし。

終わりの場面も、レイチェルの境遇から、自分も、それに「合せよう」とするのだけど、

その後を、我々に投げかけるんですよね、この映画は。


思うに、コリンは、相手を全面的に受け入れる男じゃないでしょうから。

なんか、皮膚が弱いのか、背中に独りで軟膏を塗る場面が、しばしば、出るのですけど、相手にぬらせないじゃないのかな、ヤツは。


この映画も、腑に落ちないところが、多いのですが、その分思い巡らしたくなりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。