スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナと雪の女王



『アナと雪の女王』は、2013年に公開されたディズニー映画で、『アナ雪』の名称や、主題歌「レット・イト・ゴー」がとても有名・話題になりました。日本語版の映画の作中で歌われている「ありの〜、ままの〜姿見せるのよ〜」という歌詞やメロディは、本編をまだごらんでない方も、何度か耳にしたことがあるかと思います。



『アナと雪の女王』のストーリーは、幼稚園くらいの小さな子どもから簡単なあらすじは理解でき、大人まで主人公姉妹に感情を移入しながら、ときに笑いも交えながらじっくり楽しむことができると思います。カップルで見ても良し、ファミリーで楽しむも良しの映画です。もちろん一人での鑑賞も、誰にも邪魔されずにゆっくり余韻まで楽しめるのでおすすめです。



この物語は、主人公、女王エルサ(姉)・王女アナ(妹)の、ポップながらもそれぞれの抱く悩みや苦しみといった心情にフォーカスを当てながらも、姉妹の愛や彼女たちを取り巻く人間模様などを描きながら、真実の愛とは何かを考えさせてくれる作品です。



生まれつき触ったものを凍らせたり、雪や氷を手から出す魔法の力を持っているエルサ。子どもの頃のある日、その力によって、一緒に遊んでいた最愛の妹アナを傷つけてしまい、それから長い間誰にも合わずに部屋に引きこもって生活をしてしまいます。一命を取り留めたものの、当時の(エルサの能力や怪我に関する)記憶を無くしているアナは、エルサが自分に距離を置いていることを残念に、そしてだんだんと疑念に思いはじめます。そんな二人が、エルサが成人をして王女になる戴冠式の日に久しぶりに顔を合わせるのですが…。姉妹の思いのすれ違い、アナが心を寄せる男性の登場やその行方、そして心を閉ざしたエルサはどうなっていくのか…。見所満載の映画です。
スポンサーサイト

未成年だけどコドモじゃない



映画「未成年だけどコドモじゃない」を見ました。

原作漫画が好きだったので、気になって映画館に足を運びました。

映画「未成年だけどコドモじゃない」のフル動画を無料視聴

あんなに可愛い主人公をうまく現実で再現出来るのか不安でしたが、杞憂でした。

平祐奈さんの演技は、主人公の香琳にぴったりで適役だったと思います。

喜怒哀楽のしっかりしているところ、見ているこっちまでつられてしまうような笑顔、バカっぽいところ(褒めてます)、全て香琳が漫画の中からそのまま出てきたようでした。

とにかくぶっ飛んだお嬢様育ちの女の子なので、最初はなんだこいつ…?となる方も居るかもしれませんが、見ていくうちにその魅力に惹き込まれること間違い無しです。

一方そのお相手の男性陣もジャニーズのアイドルの中島健人さん、知念侑李さんというだけあり、イケメンすぎて眩しかったです。

ストーリーは原作の漫画同様、笑いあり、涙ありの王道なラブコメディーで安心してみることができました。

正直原作好きな私としては実写化に不安しかなかったのですが、キャストの皆さんが本当にぴったり過ぎて、何の違和感も無く見てしまいました。

原作は少女コミックなので、中学生・高校生の女の子はメインターゲットとして楽しめると思いますし、それ以上の方は少女の頃の気持ちに戻れるのではないでしょうか。

もちろん、男性も嫌悪せずに見ていただければ、案外胸がきゅんきゅんしてしまうかもしれません。

難しいことは考えずミセコドワールドにぜひ入り込んでみてください!

レッドタートル ある島の物語



アニメーションという表現は、物語の「寓話性」を高める上で最適なメディアである。

たとえば実写という表現だと、情報量が多い、あるいは情報量の調節が難しいので、時間とか、時代とか、国とか、場所とか、そういう物語に含まれる固有の設定がどうしても目に見える形で提示されてしまう。

ところがアニメの場合、意図して記号的に描くことができるので、あらゆる情報が限定されず、いつ、どの時代の、どの話なのかわからない、言い換えれば「どんな状況の人にも共通して起こり得る物語」=すなわち「寓話」として見ることができる。

寓話というのは、登場キャラクターを暗喩的に描くことによって、より普遍的で、強度のある物語/メッセージを運ぶことができる。

とどのつまり、実はアートとして、物語として、アニメーションというのはもっとも高度な表現ができる器だったのだ。やろうと思えば。そして本作はその構造をかなり意識的に取り入れて、寓話として描くことに心血を注いだアニメだ。

よって難しい。

なぜジブリの新作だというのに、宣伝まったくと言っていいほどしてないのか不可解だったが…作品を見れば納得です。アート映画でした、はい。(笑)


人によって感じ方は色々あると思うけど…私はあの赤い亀は「続いていく生命」の象徴として読んだ。つまり、親から子へと受け継がれていく、生命の根源的な印のようなもの。亀は万年って、言うじゃないですか。(安直?)


色々と深読みできるので、私は結構おもしろく観れました。前半はサバイバルものとしても観れるし。

ジブリっぽさは皆無だが、あのカニさんだけは凄くジブリっぽいキャラで萌えました。

アイアンマン3



最早日本ではトップ3に入るくらい有名なマーベルヒーローの第三作目。

一作目から主役のコメディ部分とシリアスさ、ラブシーンとみている人を常に飽きさせない工夫が随所に凝らしてあるので飲み物を飲む時間すら惜しい映画です。

特にアクションシーンは派手で格好良さが際立ちます。

そんな中三作目となる今作品は前二作と作りが変わり、また違った味わいが出ました。

とにかく主役のトニー・スタークのアイアンマンとして活躍してきた今までの栄光とその影の部分をしっかり描いているのと、どうしても今までの行いから社長やヒーローとしての力があるせいで他の人の心が分からないと言った同じ立ち位置にいる仲間がいないという孤独さが際立ち見ていて一喜一憂してしまいます。

またある意味変身もののヒーローでもあるのでウルトラマンや仮面ライダー、戦隊シリーズと言った変身ヒーローは男心をくすぐるので見終わった後誰かと話し合いたくなってしまうくらいの格好良さでした。

特にアイアンマンはアイアンマンスーツがドンドンバージョンアップしていくので次はどんな装備と形状になるのかワクワクしますし、トニーの天才さと孤独さ、随所にちりばめられたコメディとダークさ、そしてヒロインとの関係はどうなるのか、二時間強で映画は終わりますが見終わってもう終わってしまうのかと当時残念でした。

エンディングが全部終わって幕が下りても何かおまけがあるんじゃないかと粘りたくなるくらいまだ見ていたくなる作品です。

HK 変態仮面



「俺は正義の味方だが どうやら正義は俺の味方ではないらしい」という、ヒーロー映画にあるまじきキャッチコピーで一躍有名になった今作は、変態仮面という名前で連載されていた少年漫画が原作の作品です。

キャッチコピーのインパクトもさることながら、さらなるインパクトを与えるのはその主人公の風貌です。

女性もののパンティを顔に被ったその姿は、思わず目をそらしたくなってしまうし、そもそも変態仮面という名前自体、劇場で鑑賞券を買ったりレンタルビデオ屋さんでカウンターに出すのがためらわれる名前と言えます。

しかし、今作はそんな障害など些末な問題だと思えてしまうほど、とってもアツいヒーローストーリーになっています。誰にも理解されない、正義すら味方になってくれない……。

そんな正義のヒーローが、それでも正義を貫き通すために巨悪と闘うストーリー展開は、王道と言ってしまえば確かにそうではありますが、ありきたりの王道というだけではない熱量があります。

また、敵の設定や強さなどもストーリーをより盛り上げられるように変更が加えられていますし、終盤にかけての大筋のストーリーも漫画原作とは大きく変わっているので、漫画を読んでいた方にこそおすすめできる映画だと思いました。

主人公のコスチュームや戦いはもちろん、敵の黒幕の名前に至るまで、いたるところに笑いがちりばめられてとても楽しく見られましたし、もちろん熱くなれる戦いの様子や、ほろりとくるところもあって、とても素晴らしい映画でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。